女性

ハードディスクの修理は重要|最悪の事態から生還

古い資料映像があるなら

ディスク

ディスクに焼いてもらおう

会社で利用している資料映像などが、まだビデオカセットに入っているところはないでしょうか。現在ではビデオデッキも少なくなってきましたので、そろそろCDやDVDなどのディスクにダビングしたほうが良いでしょう。ビデオカセットはテープを利用しているため、湿気やカビに弱く年々劣化が進んでいくからです。いつの間にか読み込まなくなっているということもよくあるので、そうなる前にCDやDVDに焼いておきましょう。しかし、CDやDVDにダイビングしたいビデオカセットが大量にあると、手間が掛かるため会社ではおこなえないはずです。そういったときは、ダビングを専門におこなう業者がありますので、そちらにビデオカセットを託しましょう。

コピーガードに注意を

業者にビデオカセットを預ける場合は、ダビングを確実にしてもらうために注意しなくてはいけないことがあります。それは、コピーガードというシステムが、ビデオカセットに施されていないかの確認です。ビデオカセットにコピーガードが施されていると、映像の取り込み作業を邪魔するため、画像が乱れてしまいダビングができなくなっています。そのため、コピーガードが施されているビデオカセットは、業者でもCDやDVDにダビングすることはおこなっていません。送った場合は送り返されるだけなので、預ける前に必ず確認しておきましょう。ただし、コピーガードは特殊な機器を利用しないといけないため、そのような覚えがないならあまり気にせずに業者に頼んでも良いでしょう。